現在の閲覧者数: 玄武のつぶやき 2010年09月








スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

第二章 5人揃って…

“日曜日の13時からみんなで音合わせするから、前使ったスタジオに集合な”
そう文章を打ち、唯の携帯へ送信

澪:よしっ!あとは唯の返信待ちだな。”

すでに唯以外のメンバーにはメールを送り、OKの返事を貰ってる。


…メールを送ってから数時間後……
“澪ちゃんごめぇ~ん(泣 その日は仕事入ってて行けそうにないよ↓↓”

もう文化祭まで1ヶ月を切ってるし、メンバーが揃わないから練習無しというわけにもいかない。
少しでも合わせておかないと恥をかいてしまう…

“わかった。仕事なら仕方ないよ。唯はいつなら練習これそう?”

数分後…

“う~ん(汗 今凄く忙しくて、休みも不定期になってるからわかんないや…”

“そうか…休みわかったらメール頂戴(笑”


私たちはまだ学生だから時間に融通はきくけど、社会人ともなると融通はきかない
必ず日曜日が休みだとは限らない… それこそ、週に1回休みをもらえるとも限らない…
今回は唯抜きで練習するか…


…しかし、その次の週… また次の週… いつまでたっても5人で練習する事が出来なかった…



律:“あぁ~もうっ!!唯はいつになったら練習にこれるんだよ!!”
澪:“仕方ないだろ!!唯はもう社会人なんだから。仕事があったら仕事を優先させないといけないんだよ!”
紬:“まぁまぁ。2人とも落ち着いて。”
梓:“そうですよ。律先輩も澪先輩も落ち着いてください。”
律:“だって、もう一週間後には文化祭で演奏だぜ?一回も音合わせてないじゃん!
   曲も中途半端に聞こえるし、大丈夫かな?って心配になるだろ!”

律がイライラするのもよくわかる…
私も心配じゃないと言えば嘘になる…
唯のことだ。コード忘れたとか、歌詞忘れたとか言いかねないからな…一度でいいから練習に顔を出して欲しかった…
プロではないけど、やるからには成功させたい。みんなが聴ける曲を演奏したい…

澪:“梓…唯が当日来れない事も見越して、リードも練習してきてもらってもいいか?”
梓:“い…いいですけど…前にもこんな事ありましたよね?”
澪:“そうだな…”

高校2年のときの文化祭だ…唯が風邪を引いたんだったよな…
梓にリードも練習してきてもらったけど、5人揃ってないから辞退しようって言ってたな…
その時は文化祭当日に復活して、ふわふわ時間だけ5人で演奏したな…(唯がギー太を家に忘れたからなww)

今回もそうなるとは限らない
ドタキャンをするわけにもいかない
4人で演奏しなければいけないこともちゃんと頭においておかないとな…









ということで、第二章を書きました。
ページ数は多くするつもりはないので、次が最終章になります。(絵も描かないといけない為…orz)
前回の第一章を書いたときに説明するのを忘れていましたが、実際のけいおん!とは異なるところがあります…というか、全く違うものになります(アナザワールド的な意味で)
実際のけいおん!では4人が同じ大学に通う事になってますが、私は唯と律を落としてます(´・ω・`)
世の中そんなに甘くはないのです(`・ω・´)

そして、これを書いてて思った事は、〝話を考えるというのも面白いなww”という事ですねb
既にあるものを変えて作るのも、オリジナルを作るというのも、自分の感覚・世界観で左右できるからですねb
冬コミ用を作ったあと、夏コミに向けて話を考えるのが今から楽しみです(。-∀-) ニヒ♪
スポンサーサイト
[ 2010/09/14 18:05 ] 作品 | TB(0) | CM(0)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。